ブログをリニューアルしています

自分史上最高の私でいるために、アラサーで断捨離した美容法

2019 10/21
自分史上最高の私でいるために、アラサーで断捨離した美容法

SPONSORED LINK


いつでも、自分史上最高を目指している三好真梨子です。

史上最高の私なら、頭のてっぺんから爪の先までケアが行き届いているはずだと思います。

でも、年齢に応じたケアがあると思うのです。

自分史上最高の私でいるために、アラサーで断捨離した美容法をまとめてみようと思います。

SPONSORED LINK


目次

アラサーでヘアカラーを止めた

化学的なヘアカラーを止めました。

仕事帰りに間に合う美容室で、カットだけしてもらっています。

でも、白髪が気になるので自分でヘナ染めをしています。

ヘナの粉をお湯で溶いて、濡らした髪の毛に塗り、45分ほど放置。

その間は、ヘナが垂れたりしないように、シャワーキャップをかぶって、TVを見たり、ブログを書いたり。

ショートカットだから自分でできるのかもしれませんが・・・

染めている間も時間を自由に使えるし、節約にもなっています。

created by Rinker
テンスター
¥806 (2020/01/26 12:03:43時点 Amazon調べ-詳細)

まずはヘナのお試しを。

created by Rinker
Naiad(ナイアード)
¥4,300 (2020/01/26 12:03:43時点 Amazon調べ-詳細)

お徳用サイズはこちら。

シャワーキャップは、100円均一のもので使い捨てするのがオススメ。
ヘナを溶く容器や小さな泡だて器も、100円ショップで揃えました。

こんなブラシがあると、便利です。

created by Rinker
サンビー工業株式会社
¥499 (2020/01/26 19:11:58時点 Amazon調べ-詳細)

節約に良いだけではないんです。

そもそも、止めたのは節約目的ではありませんし。

ヘナにはトリートメント効果があるので、髪が元気になってきました。

ヘアカットして頂く美容師さんにも、ハリが出てきたと褒められました。

アラサーでジェルネイルを止めた

学生の頃からだから、8年くらいになるでしょうか。

ジェルネイルをしてきました。

これも同じく、月1回ペース。

ネイルのデザインや色を考えるのも楽しかったですし、爪が弱い私は補強されて、それはそれで良かったと思っています。

ただ、ずっとジェルネイルをやってきたので爪が薄くなってきていました。

たまたま通っていたサロンが人手不足で、予約が取りづらくなったのを機に、止めることにしました。

そして、KOHの爪道教室に通い、セルフケアのやり方を学び、今では自分でケアをしています。

KOHのガラス製のファイルが秀逸で、簡単に爪を削ることができます。

あわせて読みたい
セルフネイルケアで爪の先から奇麗になろう
セルフネイルケアで爪の先から奇麗になろう日本には、柔道、剣道、弓道、茶道、華道などなど、○○道というその道を究めるものがありますね。つい最近、爪道(そうどう)に出会いました。毎日の保湿と週1回のお手入...

アラサーでまつエクを止めた

学生の頃は、つけまつげをしたこともあったし。

20代の頃は、まつエクもしていました。

まつげは大事だと思うし、まつげで印象も変わると思う。

でも、今は人工的な作られたものではなく、自まつげで勝負。

まつエクやつけまつげは止めたけど、自まつげを育てるために、まつげ美容液を使い始めました。

私が愛用しているのは、眼科医が開発したリバイタラッシュ。

もう何本リピートしたかわからないくらい。

月に1回とはいえ、まつエクするのに約60分も拘束されていたけれど。

自まつげを育てたら、その時間が自由に使えるようになりました。

created by Rinker
RevitaLash ADVANCED JAPAN (リバイタラッシュアドバンスジャパン)
¥10,780 (2020/01/26 12:03:45時点 Amazon調べ-詳細)

まつげ美容液もいろいろ種類があるけれど、こちらは眼科医が開発したもの。

まつげ美容液の先駆けなんじゃないのかな。

お手頃価格でもしっかり効果を実感したのは、こちらのエターナルアイラッシュ

あわせて読みたい
エターナルアイラッシュでまつげを育てる
エターナルアイラッシュでまつげを育てる20代の頃は、まつエクばかりしていた三好真梨子です。30代になってから、まつエクは止めて、まつげケアをするようになりました。いろんなまつげ美容液を使ってみたので...

アラサーで流行りのメイクを止めた

学生や20代の頃は、新しいコスメが出るたびに、買いあさっていた気がします。

流行色はもちろん、パケ買いしてほとんど使わなかったようなコスメも。

いまは、使って心地よいコスメを選び、使い続けています。

テクスチャー、香り、自分に似合う色・・・

基準はいろいろありますが、心地よいものを使った方が気分も良くなる気がします。

アラサーでオールインワンのスキンケアを止めた

オールインワンのスキンケアって、確かに楽ですよね。

だいたい、化粧水、美容液、乳液を兼ねていて、これだけで充分っていうやつ。

だいたい大容量なことが多いので、コスパ的にも助かるかもしれません。

でも、止めました。

何故、昼用クリームと夜用クリームがあるのか。

それは、役目が違うからです。

一般的に、昼用クリームは日中の外的ストレスから守ってくれるような成分が多く配合されています。

夜用クリームは、日中受けたダメージを就寝中に修復しようとするのを助けてくれるような成分が配合されています。

きちんと目的があって、商品があるんです。

だから、オールインワンのスキンケアは止めました。

自分史上最高でいるために

これらの美容法を断捨離したからと言って、ズボラになったわけではありません。

年齢に応じた、私が適切だと思う方法へと変えていったのです。

もちろん、月1回のお手入れでサロンに行く方が、気分が上がる方もいるかもしれません。

でも、それってその瞬間だけなのかなと思います。

特に、ネイルケアやボディケアを自分でしている時は、同時に自分と向き合えている気がするんです。

あわせて読みたい
史上最高の私になるためのセルフケア
史上最高の私になるためのセルフケア私が目指している、毎日が自分史上最高の私。たまに、Twitterで意識高いみたいなこと言われることもあるのだけど。何も難しいことではないと思っています。昨日より今日...

学生や20代の頃は、今よりも自分と向き合っていなかった気がします。

自分のことを知ろうともせず、世間体に流されてきた気がします。

自分史上最高の私でいるために、しっかりと自分の芯を持ちたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次