ブログをリニューアルしています

楽天ANAマイレージカードを楽天プレミアムカードに昇格させた理由

2020 1/17
楽天ANAマイレージカードを楽天プレミアムカードに昇格させた理由

SPONSORED LINK


年末年始のスウェーデン旅行に向けて、着々と準備を進めている三好真梨子です。

その準備の一つとして、所有している楽天ANAマイレージカードを楽天プレミアムカードに切り替え申請をしています。

多分、旅行までには間に合うはず。

なぜ、ここにきて楽天プレミアムカードに昇格させたのか。

その理由をご紹介したいと思います。

SPONSORED LINK


目次

三好が所有する旅行のためのクレジットカード

つい1年くらい前まで、三好は銀行のキャッシュカードに付帯しているクレジットカードしか持っていませんでした。

その私がこの1年で、旅行のために複数のクレジットカードを作りました。

  1. JAL CLUB-Aカード (VIEW・JCB)
  2. 楽天ANAマイレージカード(Mastercard)
  3. エポスカード(VISA)
  4. SPGアメックス(American Express)
メインはJAL CLUB-Aカード。

実家への帰省もJALだし、今後よく使うであろうフィンランドへの直行便もJALだから。

JRユーザーなので、VIEWを選んだため、カードブランドはJCB一択となりました。

そのため、海外旅行先ではJCBはあまり使えないと思ったので楽天ANAマイレージカードを作りました。

日本国内ではJALマイルを貯め、海外旅行先ではちゃっかりANAマイルを貯められると思ったから。

それと同じ位に、エポスカードを作成。

JCBとMastercardを保有していたので、エポスカードはVISAにしました。

銘柄をまんべんなく持てば、どれかは必ず使えるだろうと思ったから。

そして、今年に入って作ったのがSPGアメックス。

これはもう、マイルのため。

楽天ANAマイレージカードと楽天プレミアムカードの違い

今回は、この私が保有しているクレジットカードの中の楽天ANAマイレージを楽天プレミアムカードに昇格させた理由についてご紹介していきます。

まずは、2つのカードの違いを見比べていきましょう。

楽天ANAマイレージカード

基本の楽天カードに、ANAマイレージカードの機能が付いているのが楽天ANAマイレージカードです。

楽天カード+電子マネーEdy+Rポイント+ANAマイレージクラブ

この4つが1枚のカードに収まっています。

ANAマイレージクラブカードと楽天カードの機能を使って、ANAマイルを貯めることができるとっても便利なカードです。

ANAマイルコースを選択すれば、200円で1マイル貯められます。

楽天カードを作るなら・・・

楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカードは、楽天カードにさらに充実のサービスがついた文字通りプレミアムなカード。

楽天カードにANAマイレージクラブが付帯している、楽天ANAマイレージカードとのクレジットカード機能としての違いはマイルが貯まらないことくらい。

充実のサービスの中にある1つ。

世界800か所以上の空港ラウンジが利用できる、プライオリティ・パスを無料で発行できること。

もちろん、国内空港のラウンジも利用可能になります。

そして、楽天ポイント2ポイントをANAマイル1マイルにも変換可能です。

楽天カードを作るなら・・・

楽天ANAマイレージカードと楽天プレミアムカードの比較

2つのカードを比較してみましょう。
楽天ANAマイレージカード 楽天プレミアムカード
年会費 初年度無料  2年目以降550円(税込)ですが、年1回の利用で無料に 年会費 11,000円(税込)
国際ブランド VISA、Mastercard、JCBより選択可 VISA、Mastercard、American Express、JCBより選択可
旅行傷害保険 海外旅行傷害保険 海外旅行傷害保険 国内旅行傷害保険
ポイント ショッピングで100円に付き1ポイント

楽天市場でポイント最大3倍
ショッピングで100円に付き1ポイント

楽天市場でポイント最大5倍
その他 フライトでANAマイルが貯まる

マイルを航空券や商品に交換可能
国内空港ラウンジを無料でご利用可能

世界800ヶ所以上の空港ラウンジがご利用いただける「プライオリティ・パス」に無料で登録可能
カードの申し込み

楽天ANAマイレージカードを楽天プレミアムカードに昇格させた理由

楽天ANAマイレージカードは、実質無料で保有が可能ですが・・・

年会費11,000円(税込)を支払っても、楽天プレミアムカード付帯のプライオリティ・パスに魅力を感じました。

今度のスウェーデン旅行の旅程からして、3回も海外でラウンジを使えるからです。

往路:羽田空港→上海浦東国際空港→アーランダ空港

復路:アーランダ空港→上海浦東国際空港→成田空港



上海で2回、スウェーデンで1回ラウンジが使えることになります。

正直なところ、これまで空港でラウンジを使う機会はほとんどありませんでした。

SPGアメックスを作ったことで、最近国内で3回ほどクレジットカード会社運営のラウンジを利用した程度です。

ですが、遅延したりした時にただ待合室で待つのと、ラウンジで快適に過ごせるのとでは違うなと実感したので、今回楽天プレミアムカードに昇格させたわけです。

今まではラウンジが使えなくてもなんとも思っていなかったけど・・・

一度快適なことを知ってしまうと、また快適さを求めてしまいますね。

それに、今回のスウェーデン旅行では往復ともに上海で乗り継ぎをするのですが・・・

初めてのトランジットでもあるし、十分すぎるほどの余裕があるわけではないので、空港でただひたすら乗り継ぎを待つことになるんです。

だから、ラウンジ使えるといいなぁとも感じました。

実際にラウンジを使用して、年明けにラウンジレビューもできたらと思っています。

まだ、カードが手元に届いていないので・・・

年末までに間に合うか、多少の不安はあるのですが。

ラウンジが使えて良かった~と実感した時のこと、こちらにまとめています。

あわせて読みたい
SPGアメックスのお陰で快適な空港ラウンジが使えた
SPGアメックスのお陰で快適な空港ラウンジが使えたマイルのために作ったクレジットカードのお陰で、空港でラウンジを使えるようになった三好真梨子です。それまでは、待合室でただひたすら待っていました。海外旅行とか...

マイルのために作ったSPGアメックスについては、こちらにまとめています。

あわせて読みたい
SPGアメックスを作った4つの理由
SPGアメックスを作った4つの理由ついに、年会費31,000円もするSPGアメックスカードを作ってしまった三好真梨子です。クレジットカードの年会費に31,000円も払うなんて・・・と思っていましたが、ちゃん...

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次