ブログをリニューアルしています

ストレングスファインダーの結果の活かし方

ストレングスファインダーの結果の活かし方

SPONSORED LINK


ストレングスファインダー、やっただけで終わっていませんか?

ようやくストレングスファインダーを活用できているかな?

と思えるようになった、三好真梨子です。

結果を見て、満足もしくは疑問に思うだけなら、やらないのと一緒です。

結果をしっかり生かしていきましょう。

SPONSORED LINK


目次

ストレングスファインダーとは

ブログやTwitterで一時期はやりましたね。

自己分析ができるツールの一つです。

書籍を購入するか、WEBサイトで購入するかで、テストを受けることができます。

30~40分で、全117問の質問に答えます。

すると、34に分けられる資質の中から、自分がどんな資質が優位にあるかが分かります

書籍購入のコードでは、TOP5の資質が分かるようになっており、34資質全ての順番を知るには、WEB上でオプションの購入が必要です。

ストレングスファインダーで見る私の資質TOP5

ストレングスファインダーを提供するギャラップ社のキャンペーンの時、三好は34の資質全てを見られるようにオプションを購入しました。

が、ここでは私のTOP5の資質を紹介したいと思います。

  1. 慎重さ
  2. 適応性
  3. 分析思考
  4. 着想
  5. 学習欲

これが私のTOP5の資質です。

ストレングスファインダーの資質の分類によれば、私の場合は戦略的思考に関する資質が優位にあるようです。

資質TOP5を見て感じたこと

TOP5の資質を見て、私は当たってるなぁと思いました。

当たってると思うと同時に、やっぱり。とも思いました。

慎重な私は、これまで考えすぎて行動に移せないことが何度もあったからです。

だから、結果を見て、特に【慎重さ】は短所になる資質にしか見えなかったんです。

短所にしか見えない資質が、なんと1位なわけですから。

当たっていると思うと同時に、ちょっとショックを感じたのも事実です。

ストレングスファインダーの結果を活かす

ストレングスファインダーに出会った時、就職活動をしている時に出会っていたら・・・と思いました。

が、今思えば当時出会っていても、活かし切れていなかったのではないか?と最近思います。

当たってるけど、良い結果に見えなくてショック・・・

そう思っているだけなら、意味がないからです。

これが自分の資質として受け入れて、この結果を生かす方法を考えなければいけません。

ストレングスファインダーを活かすために視点を変える

彼に出会ってから、とってもポジティブに考えられるようになってきました。

そうしたら、短所だと思っていた【慎重さ】と【分析思考】の捉え方も変わりました。

あわせて読みたい
Think Positive, Be Happy!! ポジティブシンキングで幸せになろう
Think Positive, Be Happy!! ポジティブシンキングで幸せになろう最近、公私ともにバタバタしている三好真梨子です。ブログからも、Twitterからも遠ざかっていました。私の場合、年度末は関係ありませんが・・・年度末、月末でバタバタ...

これまでは、【慎重さ】と【分析思考】が働いて、考えてばかりで行動できないと思っていました。

ですが、ちょっと視点を変えてみると【慎重さ】×【分析思考】であらゆる可能性を考え、リスクマネージメントが得意

リスクを想像していながら何か起こっても、【適応性】で切り抜けられる

そう思えるようになったんです。

ストレングスファインダーはその時の指標

私の考え方が変わったように、人はその時々で考え方や行動が変わっていきます

それは、誰と付き合うか、どんな環境に身を置くか、などで大きく変わってきます

ストレングスファインダーなどの自己分析は、あくまでテストを受けた時の結果であり、指標と考えるべきです。

きっと今の私がテストを受けたら、34番目だった【ポジティブ】だって、もう最下位ではない気がします。

ストレングスファインダーに限らず、こういった自己分析テストは、結果が当たっているか否かではなく、今の自分の生活にどう生かせるかを考えてみましょう。

あわせて読みたい
アラサーOL、ストレングスファインダーをやってみた
アラサーOL、ストレングスファインダーをやってみた今更ながら、自分探しをしています。小さなやりたいことはたくさんあります。けれど、ライフワークと言えるような仕事に出会いたい!と思っている三好真梨子です。何が...

ストレングスファインダーを受けただけで満足していたころの私はこちらです。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

目次