ムーミンバレーパーク公式サイトはこちら

【ムーミンバレーパーク】白樺のキャンドルホルダー制作のワークショップ

SPONSORED LINK


ムーミンバレーパーク、年パス持ちの三好真梨子です。

少なくても月イチは、ムーミンバレーパークを訪れています。

行く度に、いろんな発見があるから飽きません。

ムーミン好きだしね。

今回は、初めてコケムスの2Fにあるパヤで行われたワークショップに参加しました。

しかも、常設ではなくゲスト講師をお迎えしてのスペシャルなワークショップ。

前回参加できずに悔しい思いをしていたのですが・・・

今回、参加することができました。

体験レビューを残しておきたいと思います。

SPONSORED LINK


目次

白樺のキャンドルホルダー制作のワークショップ講師

今回、このスペシャルなワークショップを開催して下さったのは・・・

表参道にアトリエ&ショップを構えるピエニタッカのAYANOさん。

日本キャンドル協会認定インストラクターさんだそうです。

HPを拝見すると・・・

ピエニタッカで開催しているワークショップもとっても面白そう!

ピエニタッカというお店の名前は、フィンランド語で「小さな暖炉」を意味するんですって。

白樺のキャンドルホルダーを製作

ワークショップは約1時間でした。

大きく分けて、ペイント、削る、刷り込む、仕上げの4ステップで進行しました。

材料や道具はすべてそろっているので、手ぶらで参加可能です。

STEP
溶かしたロウでペインティング



先生が作ってきてくださった、白樺の土台。

これに、こげ茶やブラウン、黒などのロウを溶かしたものを絵筆で付けて、白樺に仕立てていきます。



溶けたロウを筆につけてから、白樺にペイントする前に、十分にロウを落としてからつけるのがポイント。

白樺のカサカサとした地肌をイメージしながら付けていきます。

つけ過ぎた?と思っても、後で削り取ることもできるので、焦らずやってみましょう。

STEP
金ブラシで削る



ガサガサの白樺の樹皮みたいになるように、金ブラシでゴシゴシ削ります。

ペイントで付けすぎたなぁと思ったら、ここでゴシゴシ強めに削りましょう。

全体的に横向きでゴシゴシ削って、粗い樹皮を表現します。

粉まみれになるので、気になる方はエプロンなどすると良いかもです。

STEP
粉砕されたロウを刷り込む



白樺の土台にナイフで傷をつけていきます。

これも向きは、横向き。

これは、傷つけたり、傷つけなかったり、バランス見ながらやりましょう。



ある程度傷を付けたら、粉砕されたロウのパウダーを、傷つけた部分に刷り込んでいきます。

そうすると、更に本物の白樺っぽく、味が出てきます。

これで土台は完成。

STEP
土台の周りを仕上げる



先生がグリーンのロウを土台の周りに広げてくれます。

そこに、自分で選んだキャラクターを配置します。



三好は、ムーミンとスナフキンをチョイス。

キャラが固定出来たら、ロウが温かい間に、プリザーブドの苔やお花、キノコを配置します。

最後は先生がケースに入るように土台を整えながらカットしてくれます。



木登りしていたムーミンが、ナフキンが白樺の木の下を通りかかるのを見つけて、『おーい、スナフキン。ここだよ~』って言っているイメージで作りました。

【ムーミンバレーパーク】白樺のキャンドルホルダー制作のワークショップ まとめ

白樺のキャンドルホルダーを作るワークショップ、とっても楽しかったです。

キャンドルって、作れるんですね!

上手くいかなくても、温めればまたロウも溶けてやり直したり、修正したりもできるそうです。

表参道のアトリエにもお邪魔してみたくなりました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

SPONSORED LINK


コメント

コメントする

目次
閉じる