ムーミンバレーパーク公式サイトはこちら

1時間みっちり『ムーミン谷のキャンドル』ワークショップ

SPONSORED LINK


Moi!三好真梨子です。

これまでキャンドルスタジオ『ピエニタッカ』のAYANOさんをお招きしてのスペシャルなワークショップは参加してきましたが・・・

常設のワークショップは未体験でした。

ウィンターワンダーランドのキャンドルデザイン第二弾を体験して来たので、レポートします。

SPONSORED LINK


目次

ウィンターワンダーランド第二弾デザインは2種類

ウィンターワンダーランドの常設のキャンドルワークショップは・・・

ムーミンとスノークのお嬢さんバージョンとスナフキンバージョンの2種類。

ムーミンとスノークのお嬢さんは、周囲をクロッカスでデコレ―ション。

スナフキンバージョンは、白樺と薪でデコレーション。

こちら、先生のお見本。



三好は・・・

ムーミンとスノークのお嬢さんのデザインにしました。

ムーミンとスノークのお嬢さんの間にお花を持ってきて、デコレーションしてみましたよ。

キャンドルのワークショップはやること多し

スペシャルなワークショップも、毎回工程が多くて、てんこ盛りですが・・・

意外や意外。

常設のキャンドル作りも、かなりモリモリでした。

今回三好は・・・・

ムーミンとスノークのお嬢さんの、春の訪れを待っているようなデザインの方にしたのですが・・・

なんと、クロッカスも自分で作ります。

完成したパーツをホイッピングして雪に見立てたロウの上にのせるだけかと思っていましたが・・・

中心の雄しべ雌しべ的なのも、自分で作ってくっつけるのです。

中心のキャンドルはベースのキャンドルを入れますが・・・



まん丸のお日様なども、ジェルワックスを自分で貼りつけてデザインしていきます。

それぞれ、思い思いの春の訪れを表現してみましょう。

三好はモリモリで。

スナフキンと水浴び小屋以外のシールは使い切りました。

ここだけのお話ですが・・・

使わなかったシールも、頂いて帰ることができます。

なので、ご自分で別にグラスなどに貼って楽しむことができます。

キャンドルの周りの雪に見立てたキャンドルは、スタッフさんがホイッピングして配置してくれます。

そこに、クロッカスやモスを自分でデコレーション。



先日は気温が低く・・・

結構すぐに固まってしまいました。

寒い時は、早く固まるので、迷っている時間はありません。

事前に配置を決めて、さくっと作業してくださいね。

1時間みっちり『ムーミン谷のキャンドル』ワークショップ まとめ

缶バッジなどは、ふらっと行ってさくっと作る事ができますが・・・

キャンドルのワークショップは、時間が決まっています。

11:00~と13:30~の1日2回。

しかも、各回6名限定。

はじめての方でも楽しめるので、是非キャンドル作りを楽しんでみてください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

SPONSORED LINK


コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる