ムーミンバレーパーク公式サイトはこちら

パンとシチューのキャンドル ワークショップレビュー

SPONSORED LINK


Moi!三好真梨子です。

またまたムーミンバレーパークで行われた、スペシャルなワークショップに参加してきました。

今回は、パンとシチューのキャンドル。

聞くところによると・・・

なんと、開始10分で予約が完売したそうな。

この回だけ、人数少なかったからなぁ。

人気だろうと、三好もこの回から予約したのよね。

競争率激しいだろうなぁと。

読みが当たって、良かった~。

カッティングボードもロウでできているんですよ~。

それでは、早速レビューしてみたいと思います。

SPONSORED LINK


目次

講師はもちろんAYANOさん

今回の講師ももちろん、AYANOさん。

表参道でキャンドルスタジオpieni takkaを主宰されています。

なんと、先生考案のワークショップ。

先生のこだわりで、毎回工程が被らないようになっているんですって。


確かに、毎回違う事やってる!

ブラシで引っかいたり、楊枝でツンツンしたり、コネコネやったり、マッシュポテトみたいにホイッピングしたり。

ククサは残念ながら、参加できませんでしたが・・・

8回開催した6メニューのうち、5回も参加できて、三好は幸せ者です。

また先生のスタジオにも伺いたいなぁ。

パンとシチューのキャンドル 制作レビュー

電車遅延により、10分遅刻で到着。

マジで、焦りました・・・

メッツァの入口からパヤまで、駆け抜けていったヤツは私です。


もちろんワークショップは始まっていたけれど、なんとか追いついて作業できました。

ロウをつついて、ブロッコリーに見せたり。

カッティングボードに、色付きのロウで思い思いにペインティング。


三好はこだわって、節も作ってみました。

夢中でやって、いっぱいロウを散らかしました。

すみません・・・

パンは手ごねで3種。

バゲット、カンパーニュ、フィンランド風シナモンロール。

平手打ちされた耳っぽくなったかな?

アメリカンなシナモンロールではなく、コルヴァプースティなのは、めちゃめちゃ嬉しいポイント!

シチューは具材を並べてから、ロウを注入。

具材にも掛けることで、よりシチューっぽくなりました。


今回も・・・前日にガチャったキャラと、前日に使わなかったリトルミイで。

ワイワイがやがや楽しい食卓のイメージ。

ムーミン、飾ってあげられなくてごめんね。

パンとシチューのキャンドル ワークショップレビュー まとめ

今回も、たくさんの工程があったけど・・・

やっぱりパンが一番苦戦したかな。

みんなでワイワイ、楽しい時間を過ごせました。

そして、お隣のテーブルであんまり、いや全然絡めなかった方と・・・

ムーミンのぬいぐるみ制作のワークショップでお隣の席に!

なんて、ミラクルな再会もありました。

キャンドルが繋いでくれたご縁に感謝です。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

SPONSORED LINK


コメント

コメントする

目次
閉じる