MENU
日焼け止め選びに迷ったら

ムーミンバレーパークの有料施設まとめ

2020 10/16
ムーミンバレーパークの有料施設まとめ

SPONSORED LINK


フィンランドのことを調べるうちに、ムーミンも好きになった三好真梨子です。

乗り換え2回にバスを乗り継ぎ、移動時間1時間30分。

近くはないけれど、ついついムーミンバレーパークを訪れます。

ムーミンの世界観と、北欧の雰囲気が良いんですよね~。

ついに、年間パスポートを購入してしまいました。

さて、この記事ではムーミンバレーパークの有料アトラクションをご紹介したいと思います。

SPONSORED LINK


目次

ムーミンバレーパークの有料施設の利用方法

有料アトラクションの利用には、3つの方法があります。

  1. ワンデーパスを購入する
  2. 有料施設共通チケットを購入する
  3. 利用したいアトラクションのチケットを購入する
それぞれ、詳しく解説しましょう。

ワンデーパスを購入する

ワンデーパスは、中学生以上の大人が4,200円。

4歳以上中学生未満が2,300円。

どちらも、前売り券を購入だと200円割引になります。

ワンデーパスには、入場料とこの後紹介する有料施設共通チケットで構成されています。

有料施設共通チケットを購入する

入場券をプレゼントで貰った。

とりあえず入場したけど、やっぱりアトラクションも利用したい。

そんな時は、有料施設共通チケットがあります。

中学生以上の大人が1,700円。

4歳以上中学生未満の小人が800円。

このチケットで有料施設のほとんどが利用できます。

利用できる有料施設については、後でご紹介します。

利用したいアトラクションのチケットを購入する

有料施設すべてではなく、1つだけの利用でいいや・・・

なんて時には、利用したいアトラクションのチケットのみを購入することもできます。

ただ、2つ以上の有料施設を利用する場合は有料施設共通チケットを購入した方がお得な場合もあるので、よう考えてくださいね。

アトラクションごとのチケット料金は、各アトラクションの紹介のところに記載してあります。

また、有料施設ごとのチケット料金は、大人も子供も共通料金です。

なので、お子様の分は間違いなく有料施設共通券の購入が断然お得です。

ワンデーパスと有料施設共通チケットで利用できる有料施設

ワンデーパスと有料施設共通チケットで利用できる有料施設は4つあります。

  1. ムーミン屋敷/Muumitalo
  2. 飛行おにのジップラインアドベンチャー/Taikurin seikkailupaikka
  3. リトルミイのプレイスポット/Pikku Myyn leikkipaikka
  4. 海のオーケストラ号/Merenhuiske
この4つです。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

ムーミン屋敷/Muumitalo

パークのシンボル。

ムーミン屋敷。

地下1Fと1Fは入場料のみで見学できますが・・・

ガイドのつく2Fと3Fはワンデーパスか有料施設共通券出ないと利用できません。

3Fにはゲストルームがあるのですが・・・

ガイドさんによると、不定期でゲストが変わるそうです。

ゲストに合わせてムーミンママがゲストルームを整えるそうです。

エリア:ムーミン谷

営業時間:10:00~20:00

施設ごとの利用料金:1,000円 ※おとな・こども共に一律料金、3歳以下無料

飛行おにのジップラインアドベンチャー/Taikurin seikkailupaikka

おさびし山から風を切って湖を飛び越えるジップライン。

とっても楽しそうですが、なかなかタイミングが合わず・・・

三好はまだ体験できていません。

ついに、体験してきました!

秋晴れで、とっても気持ちよかったです!!!

谷からファンモックの方へ、ファンモックの方から谷へ、2回楽しめます。

個人的には、谷からファンモックへの最初のジップラインの方が見晴らしがよくて好きです。

エリア:おさびし山

営業時間:10:00~20:00

施設ごとの利用料金:1,500円 ※おとな・こども共に一律料金、3歳以下無料

利用条件:身長120cm以上190cm未満、体重30kg以上100kg未満、乗車時にハーネスの装着ができる方に限ります。施設スタッフ判断により、ご利用を控えていただく場合があります。



あわせて読みたい
【ムーミンバレーパーク】飛行鬼のジップラインアドベンチャー
【ムーミンバレーパーク】飛行鬼のジップラインアドベンチャームーミンバレーパークの年間パスポートを持っている三好真梨子です。またまた、ムーミン谷を訪れてきました。今回は、有料アトラクションの、飛行おにのジップラインを...

リトルミイのプレイスポット/Pikku Myyn leikkipaikka

ムーミン屋敷の隣にあるリトルミイのプレイスポット。

利用者も巻き込みながら、リトルミイがムーミン屋敷に居候することになった理由が分かる物語が上演されます。

エリア:ムーミン谷

営業時間:10:00~20:00

施設ごとの利用料金:700円 ※おとな・こども共に一律料金、3歳以下無料



あわせて読みたい
【ムーミンバレーパーク】リトルミイのプレイスポット
【ムーミンバレーパーク】リトルミイのプレイスポットムーミンバレーパークの年間パスポートを持っている三好真梨子です。少なくとも月イチは、ムーミンバレーパークを訪れています。ムーミンと並んで人気のリトルミイ。そ...

海のオーケストラ号/Merenhuiske

三好が大好きな物語です。

ムーミンパパが若い頃に、スナフキンのパパやスニフのパパらと船を作り、冒険に出る物語。

これを見ると、何でも挑戦してみないとなぁと思います。

ミストがかかってきたり、ベンチが揺れたり、様々な仕組みもあって楽しめますよ。

エリア:ムーミン谷

営業時間:10:00~20:00

料金:1,000円 ※おとな・こども共に一律料金、3歳以下無料

あわせて読みたい
【ムーミンバレーパーク】海のオーケストラ号
【ムーミンバレーパーク】海のオーケストラ号飯能にあるムーミンと仲間たちが実際に住んでいそうな公園。ムーミンバレーパーク。年パス持ちの三好は、ちょこちょこ訪れています。そして、訪れるたびに新たな発見が...

写真スタジオ/Muikku foto

コケムスの横にある写真スタジオ。

ムーミンや仲間と写真を撮ることができます。

ワンデーパスか有料施設共通チケットをお持ちであれば、写真データをQRコードで受け取る『グリーティングフォトサービス』であれば、1カット無料で撮影することができます。

キャラクターを選ぶことはできませんが・・・来場記念に1枚パシャっと気軽に撮って見てくださいね。

エリア:ムーミン谷

営業時間:10:00~19:00

オプション料金:台紙付の写真を希望の場合1,500円/枚

入場料だけでも利用できる有料施設

アトラクションとはちょっと違うけど・・・

入場料にプラスしてその都度利用料金を支払えば、遊んだり体験できる有料施設があります。

それもご紹介しましょう。

写真スタジオ/Muikku foto

先程もご紹介した、写真スタジオ。

先程は、ワンデーパスか有料施設共通チケットをお持ちの方へのサービスのご案内でした。

が、入場料のみで入園した方も、ムーミンたちと写真を撮ることができます。

この場合は、写真データのお渡しはなく、台紙付きの記念写真になります。

エリア:ムーミン谷

営業時間:10:00~19:00

料金:1カット台紙付き2,000円(焼き増しは1,000円/枚)

アーケードゲーム/Peli & Leikki

写真館の黄色い建物の隣にあるピンクの建物がアーケードゲーム。

2種類のゲームが用意されています。

バランスを取りながらボールをゴールまで運ぶゲーム。

ハンマーでたたいてお魚を飛ばし、お皿に載せるゲーム。

どちらも、なかなか難易度高めです。

三好が行った時は、成功すればムーミンとリトルミイのぬいぐるみが賞品でしたが・・・

お持ち帰り出来ませんでした。

ついに、ムーミンとミイちゃんをお出迎えしました。

お魚のゲームの方が、三好は得意です。

次は、ニブリングのお店でニョロニョロを狙っています。

エリア:ムーミン谷

営業時間:10:00~20:00

料金:1種類1回500円 ※3チャレンジ

パヤ/Paja

コケムスの2Fにあるパヤでは、その都度様々なワークショップが行われています。

これまでには・・・

  • 【ムーミン谷とアンブレラ】私だけのアンブレラをつくろう!(2,800円)
  • 自分でつくるムーミンのぬいぐるみ(3,800円)
  • ムーミンのシルバーネックレス(3,800円)
  • ムーミン谷のウォータードーム(3,200円)
などがあります。

三好もまだワークショップに参加したことはないのですが・・・

いつも魅力的なワークショップがたくさんある印象です。

ついつい、パーク内を歩き回って、ワークショップの事忘れちゃうんですよね。

パーク来場記念のお土産を自分で手作りしてみてはいかがでしょうか。

エリア:ムーミン谷

営業時間:平日10:00~15:00最終受付 休日10:00~16:00最終受付

料金:ワークショップごとに異なる



ワークショップの内容は、その都度異なります。

詳細はご確認ください。

ムーミンバレーパークの有料施設まとめ

さて、いかがだったでしょうか。

有料施設といっても、入場料+αで利用できるものもあれば、ワンデーパスや有料施設共通チケットなどがないと利用できない施設もあります。

その施設を利用したいかでチケットの購入方法も変わってくると思うので、購入前に利用したい施設を整理するのがおススメです。

ムーミンバレーパークの記事はこちら

他にも、ムーミンバレーパークに関する記事をたくさん書いています。

ムーミンバレーパークについての記事は、こちらからご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

OLのかたわら、ライター/ブロガーとして活動しています。

その他にも、学生時代から週末や祝日を中心にスタイリスト/フィッターとしても活動中。

副業・複業のおかげでいろんな経験を積ませて頂いています。

今は、史上最高の私、なりたい私になるために、コツコツとマイペースに努力中。

誰が認めてくれなくても、その努力は自分が一番知っている。

昨日より今日。今日より明日。

毎日一歩ずつ前進すれば、おのずと史上最高の私を更新できると信じています。

SPONSORED LINK


コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする

目次
閉じる