ムーミンバレーパーク公式サイトはこちら

【ムーミンバレーパーク】ウィンターワンダーランド2020開催中

SPONSORED LINK


冬のフィンランドに行ったことがある三好真梨子です。

ムーミンのふるさと、フィンランドの冬は長く厳しいものです。

空はどんよりとした分厚い雲に覆われていました。

1週間ほどの滞在中、太陽を見る事はありませんでした。

ムーミン谷の冬は、いったいどんな冬になるのでしょうか?

ウィンターワンダーランドというので、なんだかわくわくしそうなイメージですよね。

本日より開催のウィンターワンダーランドについて、ご紹介していきたいと思います。

いつもは冬に冬眠しているムーミン。

なぜか、1人だけ冬眠から目覚めてしまいます。

ムーミンが体験する冬の世界とは?

ウィンターワンダーランドは、ムーミンバレーパークの冬のイベントのテーマであり、様々な企画が展開されます。

SPONSORED LINK


目次

【ムーミンバレーパーク】ウィンターワンダーロード

本日より開催のウィンターワンダーランド。

今回も、バルーンスカイ『ウィンターワンダーロード』がありますよ。

秋のハーベストとは、すっかり雰囲気が変わって・・・

日中は白と青を基調とした、ウィンターワンダーロードになっています。

夜間は・・・

アドベンチャーウォークの一部に組み込まれており、14番目のポイント『春へと向かう道』となっており、雪玉がカラフルに光る演出となっています。

【ムーミンバレーパーク】アドベンチャーウォークinウィンターワンダーランド

ソニーのサウンドシステムSoundARを使用して、ムーミンバレーパークを含む宮沢湖外周をくまなく歩くと、ゲストの動きに合わせて、ストーリーが聞こえてきます。

ウィンターワンダーランドでは、様々な企画が展開されますが・・・

アドベンチャーウォークが、なんといっても目玉のイベントでしょう!

なんと、開かずの扉であるスナフキンのテントの奥の扉が解放されます。

そこには、どんな景色や体験が待っているのか?

宮沢湖の外周を歩いて回りながらストーリーが展開する、体験型イベントです。

アドベンチャーウォークの参加には、事前準備が必要です。

それは、『【ムーミンバレーパーク】アドベンチャーウォークに参加する際の準備』にまとめています。

【ムーミンバレーパーク】ウィンターワンダーランドの限定メニュー

ウィンターワンダーランドの期間中には、限定のメニューがいくつか登場します。

どれも、ウィンターワンダーランド期間中(2021年3月7日まで)の限定メニューだと思われます。

食レポの方は、【ムーミンバレーパーク】施設内提供メニューの実食レポでご紹介しているので・・・

こちらでは簡単にご紹介します。

ウィンターワンダープレート 1,500円(税抜)

ムーミン谷の食堂でお昼に提供されるメニューです。

昨年好評だったそうで、リバイバルメニューです。

トゥーティッキの帽子がモチーフの可愛らしいプレートです。

公式HPでは雪玉のランタンと表記されていますが・・・

三好は、初バレパの際に食べた『雪玉のミートボール』を思い出しました。



リナブルーというスピルリナ由来の色素を使えば、ご自宅でも再現できそう!

パンバスケット・ロヒケイット 1,500円(税抜)

こちらも、ムーミン谷の食堂で提供されるメニューです。

フィンランドの定番!サーモンスープ。

パンを器として、サーモンスープが中にたっぷり入っています。

付け合わせには、マッシュポテト。

サーモンスープを食べたら、ますますフィンランドに行ってしまいたくなる・・・

【数量限定】冬のかがり火のローストビーフ 1500円(税抜)

こちらも、ムーミン谷の食堂で提供されるメニューです。

数量限定と言われると・・・

食べたくなっちゃいますよね。

冬の雪景色をイメージしたマッシュポテトの上には、ローストビーフが。

焚火をイメージしたポテトフライも。

冬のレアチーズスノードーム 900円(税抜)

カフェ・カハヴィラにも新メニューが登場です。

かまくらをイメージしている、レアチーズケーキ。

ソースがベリーなのは、やはり北欧をイメージしているんでしょうね。



中から何か出てくるのかな?

と思いきや・・・

出てきませんでした。

驚いたのが、見た目からの予想で甘ったるそうな生クリーム。

三好は基本、辛党というか、酸っぱ党なので・・・

レビューのために一口食べて、残すつもりだったんですが。

爽やかな、ヨーグルト風味のクリームで、甘ったるくなく、ペロリといただきました。

雪玉のグラタン 1,500円(税抜)

パンケーキハウスレットゥーラで、1日を通して提供されるのが、この雪玉のグラタン。

アドベンチャーウォークの体験後は、体が冷えてしまっていると思うので・・・

熱々のグラタンをはふはふ言いながら食べて、温まってはいかがでしょうか?

三好は・・・

17時から再オープンとのことで・・・

アドベンチャーウォークの初日で混むだろうし、携帯の充電も40%を切っていたので

腹ごしらえしながら、充電する気満々だったのですが・・・

17時になっても、オープンしないので、17:05頃にお向かいのインフォメーションのお姉さんに聞きました。

そうしたら、レットゥーラの夜間営業は、アドベンチャーウォークを体験された方へのサービスで、17時にオープンすることはない。

とのことでした。

公式HPからは、そんな事情は推察できず・・・

ちょっと予定が狂ってしまいました。

正確な情報を提供して欲しいですね。

【ムーミンバレーパーク】ウィンターワンダーランドで開催のスクラッチラリー

先日、好評の中終了してしまった、おさんぽラリー『ニンニの笑顔を取り戻せ』に変わり、スクラッチラリー『冬にやってきたお客様』がはじまります。

今度は、ムーミンバレーパークの中を歩きながら、散りばめられた冬のお客様に関する問題を解いていくラリーです。

答えをスクラッチで削り出す方式です。

わからない時のヒントも、スクラッチで削り出せるみたい。

正解率99%とのことなので、どなたでも楽しめるラリーになっています。

【ムーミンバレーパーク】ウィンターワンダーランド中にできるワークショップ

ウィンターランドを前に始まっているワークショップもありますが・・・

あらたに2つのワークショップが加わっています。

ムーミン谷のキャンドル 3,500円(税込)

キャンドルスタジオ・ピエニタッカさん監修のキャンドルのワークショップ。

秋仕様から冬仕様へとモデルチェンジしています。

ペーパークラフトで作るムーミン屋敷ランタン 2,800円(税込)

ペーパークラフトのランタンは、左です。

たまたまのご縁で、フィリフヨンカさん作成のランタンのお隣で、キャンドルを撮影させていただきました。

右のキャンドルは、特別なワークショップに参加して三好が作った、もみの木のキャンドルです。

ペーパークラフトでムーミン屋敷を作ります。

窓には、ムーミンキャラたちをあしらって。

明かりを灯すと、キャラクターたちのシルエットが浮かび上がります。

【ムーミンバレーパーク】ウィンターワンダーランド2020開催中 まとめ

さて、ムーミンバレーパークで開催されるウィンターワンダーランド。

いかがだったでしょうか?

どれも素敵な企画ですよね!

三好にとっては、初めてのムーミン谷で過ごす冬になりますが・・・

昨年よりもレベルアップしているそうですよ。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

SPONSORED LINK


コメント

コメントする

目次
閉じる