アラサーになってようやく投資を始めてみた

LIFESTYLE

投資信託をはじめてみて約1年。
微々たるものですが、しっかりプラスがでている三好真梨子です。
お金のことって、自分から情報を掴みにいかないと、誰も教えてくれないですよね。
当時は、

三好
私はこのままじゃ独り身かも。
将来のためのお金のこと、もっと考えなくちゃ。
という焦りから読んだ本が出会いで、投資信託をはじめてみました。
私のように、お金に無頓着だった方もいるかもしれません。
でも、私たちが年金をもらう頃には、今のような金額をもらえないのはわかり切っています。
今からできることで、少しでもお金を増やしませんか?

SPONSORED LINK



「難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!」との出会い

電車の吊り広告やドア付近のパネルに入った広告は、書籍の広告が多いですよね。
私はそれをいつもチェックしています。
お金のことをもう少し勉強しなければいけないな、と思っていた時。
そんな時に目に入ったのが、「難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!」の広告でした。
その日の帰り、早速本屋によって購入し、帰りの電車ですぐに読みふけりました。

お金を増やしたかったら銀行には近づくな。
宝くじはボッタクリ。
投資信託をするならこれを買えばいい。

と言った、興味を引くストレートな見出しが並んでいて、話も分かりやすく、すらすら読めました。
私自身がタイトル通り、難しいこと知らないし、お金に無頓着だったけど、そろそろお金増やしたいと思っていたので。
このタイトルにぐっと魅かれたんですよね。
そして、とりあえず習うより慣れろと思い、本の通りに行動を起こしてみました。

口座の開設

まずは証券口座の開設。
たくさん証券会社さんはありますが、本ではSBIを推していたような。
私は、楽天証券に口座を作りました。
開設には、身分証明書が必要なのと、NISA口座を同時に開設する場合は住民票も必要になりますが、住民票は後日送付なので、手続き自体はすぐに進められます。
必要なものがそろっていれば、開設自体の手順は簡単です。
順を追って、画面に必要事項を入力していくだけ。
身分証明書は、アプリで写真を送信するだけ。
本当に便利な世の中ですよね。

本の通りに買ってみた

慎重派の私は、まず1万円ずつ本で紹介されている投資信託を買ってみました。
気になって、気になって、最初の頃は毎日毎日証券口座を確認しては、上がるときもあれば下がるときもあるので一喜一憂。
一喜一憂ばかりでは疲れてしまうので、1か月後くらいに見てみると、黒字をキープでちょい利益が出ている。
この成功体験大事です。
それから、積み立てで投資信託を購入するようになりました。
楽天証券なら、楽天のポイントで購入することもできます。
まず手始めに購入してみるには、ポイントがおすすめです。
だって、増えたらもちろんラッキーだけれど、減ったとしてもポイントだから大損しないでしょ?

積み立て投信

私の場合、本に書いてあった2つの投資信託と、自分で選んでみたバランス型の3つをそれぞれ5,000円ずつ毎月積み立てしています。
最近はマイナス続きですが・・・長い目で見ることにしています。
リスクはもちろんありますが、銀行の積立貯金よりはリターンがあるので、毎月コツコツ積み立てを続けています。
投資信託で利益が出たので、調子に乗って株に手を出し、せっかくの黒字が赤字に転じたのはここだけの話。

SPONSORED LINK