海外旅行に行くなら持ちたいエポスカード

LIFESTYLE

マイル集めに目覚めた三好真梨子です。
今までマイルを貯めることにはあまり興味がなかったのですが・・・
今では、航空系クレジットカードやマイレージカードについている電子マネー、ポイントサイトを駆使してコツコツとマイルを貯めています。
そんな私がマイルに目覚めるきっかけとなったのは、年末の初ひとり海外旅行。
今は旅行に向けてコツコツ準備をしています。
今日は海外に行く際に持っていた方がオススメなエポスカードをご紹介します。

海外で通用するのはVISAかMaster

クレジットカードのブランドはたくさんありますが、海外で通用するのはVISAかMasterです。
Amexは限られてしまいますし、JCBはほとんど使えないと聞きます。
それにもかかわらず、私が持っているカードはJCBばかり。
そこで、VISAかMasterのカードを作ることにしました。
海外旅行用のカードです。

私のカードはマイル優先

ちなみに、私がメインで使用しているカードをご紹介すると、VIEWスイカカードとJALVIEWカードです。
他にも銀行系カードもありますが、そこから上記に切り替えました。
ANAマイルの方がポイントの変換がしやすく、貯めやすいようなのですが・・・
私の場合、実家の帰省時のメインは新幹線ですが、飛行機はJALしか便がありません。
そして今後よく使うであろう路線も直行便がJALなどのワンワールド系です。
なので、この2枚を選択しています。

海外旅行にお勧めのエポスカード

エポスカードは、マルイのカードと認識している方もいるかもしれません。
初めてのクレジットカードとして作成した方も多いでしょう。
マルイだけではなく、世界中のVISAマークのお店で使えるカードです。
初年度はもちろん、年会費も永年無料なので維持手数料は一切かかりません。

WEBで申し込み後、郵送の場合は、2週間くらいかかるみたいです。
しかし、マルイ内のエポスカードセンター受け取りを選択すれば即日発行もできます。
海外でのケガや病気、携行品の損害などさまざまなトラブルも、エポスなら安心の保険・サポートが自動付帯しています。
疾病治療費の保険金は最高で270万円、携行品損害の保険金は最高で20万円まで保証されます。
さらに、VISAブランドなので大抵のお店で使用が可能なのはもちろん、現金が不足してしまった際には空港や駅・繁華街にあるATMでキャッシングをすることも可能です。

今からでも間に合う

私のように年末年始、海外旅行を計画されている方も多いと思います。
お持ちのカードのブランドは、海外でも使えるものですか?
私のように慌ててカードを作ろうとしても、エポスカードなら出発までまだ間に合いますよ。
タダより怖いものはないなんて言葉もありますが、海外行くならエポスカードは持っていて損はないかも。

SPONSORED LINK