新しいことを始める時に注意していること

LIFESTYLE

目標や計画を掲げたはいいものの、達成までのプロセスが悪く、計画倒れになっていませんか?
私も昔は夏休みの宿題の計画など、計画倒れになったことがたくさんあります。
ちょっとコツを掴めば、計画倒れしなくなったので、その方法をご紹介したいと思います。

SPONSORED LINK







いつまでに、どうなりたいかを具体的に考える

新しいことを始めることで、いつまでに、どうなりたいかを具体的に考えます。
私の場合は、「彼に会うまでに少しでも引き締めたいから、ちゃんと毎週ジムに通う」と決めました。
自分がどうなりたいか、これをできるだけ具体的に考えるのがとっても大事。

1週間の行動について考える

いつまでに、どうなりたいかを達成するために、毎週どんな行動をするのかを考えます。
「彼に会うまでに少しでも引き締めたいから、ちゃんと毎週ジムに通う」という私の場合は、ジムに通う曜日を水・金のどちらか+日曜と決めました。
平日は、だいたい500m泳いで1km歩いています。
だから、水・金で週のトータル1km泳ぐは達成できます。
そして、日曜は時間の余裕があるので、日曜に行ける時には1km泳いで2km歩くことにしています。
曜日や泳ぐ距離を決めても、友人とのご飯など突発的な予定などで、なかなか達成できないこともありますよね。
だから、そんなときのために1週間のトータルで1km以上泳ぐこと。
というサブ目標も立てています。

1週間ごとの行動を見直す

一言で言ってしまえば、PDCA。
1週間の行動ができていたか否か。
もしくは他の予定との兼ね合いなどに合わせて、また次の週の行動を考えます。
先週できなかった分をプラスしてもいいし。
週ごとの小さな計画を立てることで、実行しやすくなります。

継続は力なり

計画した1週間の行動と最終的にどうなりたいかの目標に向けて、行動を継続させます。
ロングスパンの目標だけでは計画倒れしやすくなってしまいますが、週ごとの短期的な目標を掲げることで継続しやすくなります。
マイペースで継続することによって、なりたい私に近づけますよ。

SPONSORED LINK