アファメーションを活用しよう

LIFESTYLE

はい。また自己肯定のお話です。
自分の置かれている環境が自己肯定できるようになったことで、ガラリと変わりました。
だからこそ、そのきっかけや方法をお伝えしたいと思ってタイプしています。

SPONSORED LINK



アファメーションとは

一言で言ってしまえば、自己肯定の宣言文とでも言いましょうか。
私は、『God Bless 〇〇』をよく使います。
〇〇に祝福を。という意味です。
そして、テニスの大坂選手が全米オープンで優勝した際の、バインコーチの言葉。
『できるよ、できる。君ならできる。』
この二つが特に最近のお気に入りです。
あとは、スーパーモデルであるミランダ・カーの著書『トレジャーユアセルフ』のページを朝めくってランダムに唱えることもしています。

アファメーションはまるで呪文

この前仕事でとっても大変なことがあって。
その時は、自分の中でGod Bless祭り!
何度も何度も唱えていました。
というのも、リハーサルは技術的には上手くいったと思ったのですが・・・
全体の流れで色のバランスなど校正の面で見直しがかかったのです。
そして、順番が入れ替わることになりました。

順番が入れ替わることにより、より早い着替えを要求されることになったのです。
5種類のスタイリングに着替える内の3番目と4番目が入れ替わりました。
3番目から4番目に着替えるための時間が短縮されてしまったのです。
だから、3番目に着替えるサポートをしてモデルを送り出した後。
戻ってくるまでの間に、God Bless Mariko. と、何度唱えたかわかりません。

周りの環境から得られる言葉

すみません。
最初に言っておきますが、ちょっとノロケです。
自分でセルフアファメーションするのはもちろん大事なのですが・・・
会社や友人、家族など自分の周りで聞こえる言葉も肯定的なものがとっても望ましいと思うのです。
ジャパンキューピッドで知り合ったたくさんの人たちは、日本人と違って感情をストレートに表現してくれます。
それがBeautifulでも。Cuteでも。I love youでも。
そのストレートな肯定的な表現。
なんだか気恥ずかしい感じがして、最初はなかなか受け入れられなかったのですが・・・
受け取れるようになったら、あんなに辞めたかった会社を前向きに続けてみようと思えました。
パーソナルトレーナーをしている彼のモチベーションのあげ方には、脱帽です。

あわせて読みたい

アラサーOLの婚活事情

2018.09.03

言霊

言霊という言葉があるくらいです。
言葉には大きな力が秘められています。
それを自分にとっていい形で受け止めて、自己肯定を高めていきたいですね。

SPONSORED LINK