新月の願い事をやりはじめて3回 その効果とは?

LIFESTYLE

5月から新月の願い事を始めた三好真梨子です。
先日の7/13の新月で、3回目になりました。
3回やってみた結果をまとめてみようと思います。

SPONSORED LINK



三好真梨子流 新月の願い事の仕方

  • ・新月が訪れてからお願い事をする
  • ・2個以上10個まで
  • ・願い事を紙に書く
  • ・現在系で書く
  • これらの基本をベースにしています。
    アレンジしているのは、いつでも確認できるように手帳に書いているところです。
    そして、叶った願い事には印をつけています。

    過去3回の願い事の結果

    2018年5月15日の新月

    初めて、新月の願い事をしてみることにしました。
    この時は、初めてでなかなか願い事が思い浮かばず、ペンが止まったのを覚えています。
    この時は、7個の願い事を書きました。
    そのうち、3個の願い事が叶ったり、叶えられそうな道筋が見えたりしました。
    『騙されたと思ってまずはやるべし!新月の願い事』でもお伝えしましたが、一番叶えるのが難しい願い事が、叶いました。
    願い事をした通りではありませんでしたが、私にとってさらに都合のいい形で叶いました。

    2018年6月14日の新月

    6月は願い事をはじめて2回目の新月でした。
    この時の願い事は、9個書きました。
    5個の願い事が叶ったり、叶えられそうな道筋が見えたりしました。
    ここで感じたのが、言葉にして表すことの重要さです。
    そして、日々の忙しさを忘れて自分のことを見つめ返してみることの重要さ。

    2018年7月13日の新月

    7月の願い事は、欲張って10個書きました。
    書いてから、まだ1週間ですが・・・
    3つは既に叶えられる方向で動き出している予感がしています。
    だんだんと願い事を決めるスピードも速くなっている気がします。

    まとめ

    新月の願い事をしていて感じるのが、自分のための時間を持つということです。
    忙しさに追われて、自分を粗末にしていませんか?
    自分のことを考える時間、もてていますか?
    この3回の願い事をする中で、私は新月の3日前位から、自分の心を見つめ直す時間を取れています。
    そうすることで、願い事を決めるスピードも速くなっていると思います。
    また、願い事を言葉にして書くことで、自分でも意識して動いている気がします。
    だから、だんだんと願い事が叶う数も増えていると思います。
    今後も、新月の願い事は継続してやっていこうと思います。

    SPONSORED LINK