やりたいことを言葉にして言ってみたら、ちょっと違う形だけど現実になった

LIFESTYLE

やりたいことをエンジョイするために、試行錯誤を繰り返している三好真梨子です。
やりたいことを言葉にして言ってみることの大切さ、言霊の力を実感しているのでシェアしたいと思います。

SPONSORED LINK



やりたいこと、言葉にして伝えられますか?

三好は最近になって、ようやくやりたいことを言葉にして言うようになりました。

三好
やりたいことがわからない。自分が何をしたいのかわからない・・・
と、これまでは思っていました。
正直、今でも思っています。
幼少期は、やりたいことを言葉にして伝えていた気がします。
ですが、いつの間にかやりたいことを言葉にして伝えることが苦手になっていました。

セミナー後におきた私の変化

5/8に行われた、大学時代の先輩のセミナー。
そのセミナーを聞き、参加者とのグループワークなどを通して、どんどんエンジンが回っています。
セミナーでやりたいことをエンジョイするためのガソリンを補給できたのでしょう。
一度きりの人生をエンジョイするために、どんどん加速している気がします。
大げさでなく、人生が変わりはじめています。

世界中からZOOMで繋がってグループワークをしています。
その中で、やりたいことや今の思いを言葉にして伝えることがあります。
そして、講師である先輩とゲスト講師がFacebookのグループページでもどんどん発信しています。
その姿を見ると、言葉にして伝えることがどんなに大事なのかを実感しています。

言葉にして言ってみたら、違う形で現実になった

近い将来の目標として、シンガポールにいる先輩に会いに行くと決めました。
そして、5/15の牡牛座の新月の時に、手帳にそのまま書きました。

三好
〇〇さんに会いにシンガポールに行く!
シンガポールを訪れたことがないから行きたい、という下心があったのも事実です。
それが、いて座の満月を迎える少し前の5/26、先輩が日本に一時帰国することを知りました。
しかも、グループセッションをしながらお茶会をするというおまけ付き。
自分で会いに行くという形とはちょっと変わりました。
でも、先輩に会えるということがもうすぐ叶います。
叶うんです。

願いを言葉にすること

願い事は、内に秘めて努力して叶えるのが美しいと思っていたところがあります。
でも、願い事は言葉にして誰かに伝えると、協力者が現れます。
運も味方になってくれます。
願いだけではありません。
言葉にすることで、アンテナがあがり、自ずとキャッチできるのです。
今、まさに実感しています。
アンテナが上がると、見るもの、聞くもの、自分に必要なものがキャッチできます。
それについては、また次回ご紹介したいと思います。

SPONSORED LINK