アラサーOL今さらながら婚活はじめてみる

LOVE

ご依頼いただくお仕事で肩書が変わるカメレオン、三好真梨子です。
アラサーという括りがいつまで通じるのか微妙な年齢ですが、今さらながら婚活に精を出しています。
しかも、友人の影響というオマケ付き・・・

SPONSORED LINK



ご依頼いただくお仕事で肩書が変わるカメレオン、三好真梨子です。
アラサーという括りがいつまで通じるのか微妙な年齢ですが、今さらながら婚活に精を出しています。
しかも、友人の影響というオマケ付き・・・

なにもせずとも、20代後半には結婚していると思っていた大学生時代

大学生のころに限らず、10代後半くらいから漠然と思っていたのは27、28で結婚して、30位には子供が生まれている、今思えば仮想的未来。
蓋を開けてみればどうか…
三好はいまだに独身。
それを解決するすべも見いだせていません・・・(^^;

知人の勧めではじめてみた

アプリで婚活

MARIKO
遅くても27,8で結婚できると思っていたけど・・・
現実は、そうもいかず・・・
知人の勧めで、婚活アプリをインストール、活用してみました。
様々なアプリはあるけれど、三好が試しているのは主に2つ。

2つのアプリに登録してみた

どちらも通じるところは同じ。
自分のプロフィールを登録して、マッチングができるアプリ。
個人的には、Pairsの方が信頼度高めです。
というのも、タップルはログインすると相手側からの「いいね」ガ届く気がするからです。
ログインするたびに「いいね」があるのは、モチベーション的にはうれしいかもしれないけれど、仕組まれているのではないかと思えてならないのです。
かといって、まったく繋がらないわけでもないので、とりあえず利用しています。

アプリだけでなく、婚活パーティーにも行ってみる

アプリでの効果もどうなのかな?と疑問があったので、実際にお会いできる婚活パーティーにも参加してみました。
正直、婚活にお金をかけるつもりはないので、メルマガ登録して自分の行きやすい会場で、女性の登録が少なく、無料で参加できる場合しか参加していません。
メルマガに登録していると、だいたい男性の参加が多く女性が少ない時に、無料のご案内メールが前日などに届きます。
自分が参加したい条件の際に、無料であれば参加するようにしています。

アプリ、婚活パーティーどちらも利用してみて思うこと

  • 婚活アプリ

当たるも八卦当たらぬも八卦・・・というのが正直なところでしょうか。
icon写真を顔写真にしたら、リアクションがアップしたと思うので、やはり『人は見た目が9割』なんでしょうか。

  • 婚活パーティー

まずは3分ほどで自分のことを話しつつ、お相手のことを聞き出さねばなりません。
人見知りの方には向かないかと思います。
そうでない方でも、時間配分が苦手な方には自分のことだけを話してお相手のことを聞けなかった、またはお相手のことを聞きすぎて自分をアピールできなかったということがざらにあると思います。

どちらも甲乙つけがたい

アプリとパーティー、正直どちらも甲乙つけがたいというのが本音。
アプリは気楽な感じで『いいね』が来るかもしれませんが、そのあとは毎回同じような問答が始まります。
個人的には、アプリを通さなければ会話ができないと面倒なので、なるべく早くLINEやMessengerでやり取りできるようになりたいのですが、中にはLINEもMessengerもされていない方との出会いもありました。
そうならそうで、普通にメールでのやり取りの方が気楽だと思うのですが、なかなかアプリ以上に進めない方もいました。
正直、メル友募集なら年も年なので御免です。
パーティーは、最初の3分をうまく乗り越えられる方なら感度は高いと思います。
ただ、アプリでは複数と並行できるかもしれませんが、パーティーではカップリングできた方としか連絡先を交換できないので、3分の印象が良くても駆け引きで実らないこともあります。
個人的に私の実績としては、どちらも五分五分でその後のお食事には繋がっています。

自分を知る

アプリにしろ、パーティーにしろ、まずは自分のことをよく分析して自分の得意なところで攻めるのがいいかもしれません。
これまであまり自分のことを考えたこともありませんでいたが、私も長谷川朋美さんの著書を参考に自分のことを見つめなおしています。

本音を言うと、就職活動をしていたころに出会いたかった。
自分のことを知って、自信を持つことは大事なんだと思います。
最近、就職活動という人生の節目を曖昧にしてしまった自分に負い目を感じています。
まだ人生の半分も生きていないはずだから、これから挽回したいと思います。

SPONSORED LINK