初の北海道旅行は、中学校の修学旅行

北海道

SPONSORED LINK







連休を利用して北海道に旅行に行くのもあって、中学生の時の北海道への修学旅行をちょっと思い出しています。

たしか4泊5日の長めの旅行だった気がします。

 

初日はほとんどが移動。

山形の学校から仙台までバスで移動し、東北衣新幹線で青森へ。

青森からはドラえもんの海底列車に乗り、青函トンネルをくぐって函館へ。

移動が長く、函館についてホテルに荷物を置いたらまたバスに乗って函館山で夜景見物。

2日目は函館での班行動と、札幌への移動。

チャーミーグリーンの坂や函館聖ハリストス正教会、カトリック元町協会などを見たような気がします。

3日目は札幌で班行動。

テレビ塔、時計台、サッポロファクトリー、六花亭、雪印パーラー、などなどいろいろ回った記憶があります。

その日も札幌に宿泊した気がします・・・(記憶が定かではありません)

4日目は、少し札幌をまた班行動で見学して様な気がします。

そして、午後くらいから洞爺湖の方に移動。

アイヌの民族舞踊などを見て、苫小牧港へ。

フェリーに一泊して、目が覚めて朝食を取ったら仙台港に着き、仙台からはまたバスで学校まで移動。

ところどころ、記憶があいまいなところもありますが、とっても楽しい旅行でした。

 

ですが、移動が長いということで、次の学年から修学旅行の行先は東京に変わってしまいました。

個人的には、東京には母の姉夫婦と従兄がいるので、何度も遊びに行った東京ではなく、行き先が北海道で良かったなと思っています。

SPONSORED LINK







SPONSORED LINK