アイロン

LIFESTYLE

SPONSORED LINK



フィッターの仕事のひとつにアイロン掛けがあります。

衣装は、ブランドさんの貸出で、打合せ、モデルへのフィッティングなどを経て、ショー会場へ運ばれます。

運ばれ方も、ハンガーラックに掛けていたり、ダンボールだったり様々。

運ばれる際に、シワが付いてしまいます。

移動中に付くシワはもちろんですが、たたみジワとかもあるので、まずはリハ前にアイロンを掛けます。

アイロンといっても、スチーマーで済むのが多いです。

正直なところ、スチーマーの存在はフィッターをしてから知りました。

フィッターをしていなかったら、スチーマーを知らなかったかも。
今では、パナソニックのスチーマーを愛用しています。

これは、ハンガーに掛けたままシワが取れるので重宝しています。

スチーマーのほとんどは、ハンガーに掛けたままシワが伸ばせるので、メーカーに関わらずいい仕事をすると思います。
ミット状になっているミニアイロン台のようなものを持っていると、さらに便利!

これを使えば、スチーマーでほとんどは解決できます。
便利な道具で、面倒なアイロン掛けも楽ラクに変わりますよ!

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥7,900 (2019/01/23 21:20:34時点 Amazon調べ-詳細)

私はPanasonicのスチーマーを使っていますが・・・
今季になっているのは、T-falのスチーマー。
インスタか何かで広告動画見ましたが、かなり優秀そうです。
そのうちスタイリスト仲間からレビューが聞けると思うので、レビューが良かったら買い替えを検討しています。

SPONSORED LINK